ボタニカルシャンプーについて

 

shampoowomen

 

ボタニカルシャンプーを使っていてよくないと思う人の傾向としては、「使用後に髪から出る匂いがきつい」という意見が多くありました。 使っている原料は様々な種類のものがありますが、例えばヒマワリオイルの成分を配合したシャンプーの場合にはトマトっぽいようなにおいがして気にするという意見が見受けられました。

 

匂いが刺激臭に近いことも一つのマイナス点に見られている傾向があります。 確かに、匂いのきつさについては特に若い世代にはどうしても気にしがちな面があります。

 

ただ、2chの書き込みの中には「それを抜かしてしまえばもっと今以上に売れるのに」という意見もあります。ですので、そこから髪自体を綺麗にして良くする効果についてはあることが読み取れます。 使用の際に出る匂いとどのように向きあい、使い続けることができるかが使用の際のポイントといえるでしょう。

 

ボタミカルシャンプーのボタミカルには「植物の」や「植物学的な」などの意味があります。つまり自然由来の成分が配合されたシャンプーということがいえます。

 

よくオーガニックシャンプーと比べられますが、似ているようで少し違いがあります。オーガニックシャンプーの場合は、化学合成農法や化学肥料などを使わない有機肥料で栽培された植物を使用して開発されています。

 

ですので、オーガニック認定を受けた植物のみを配合しているシャンプーとなっています。一方、ボタニカルシャンプーの場合は植物由来の成分であることだけが定義されています。そのため、別にオーガニックであるかは関係はありません。全般的にこうしたシャンプーの成分は頭に優れた効果があることはデータとして残っていますので安心して利用することができます。

 

ボタニカルシャンプーを使用したときの際の匂いの問題をどのように解決していくかについてですが、自分に合ったシャンプーを探してみていくつかを試してみることが最も一般的な手段といえるでしょう。

 

2chやほかの口コミサイトなども活用することである程度絞り込むことができますので、まずはそうしたところを参考にして販売店などで購入して使ってみましょう。価格については差はありますが、1,000円と少しの低価格で買えるボタニカルシャンプーも多数あります。ですので購入していくつか試していく中で自分の髪質に合ったものを使用していくと満足する商品と巡り合うことができるといえます。

 

刺激臭が合わないという人もいますが、逆に匂いはあるけど合っているという人もいますので相性を見極めることがボタニカルシャンプーを使用するときに大切なことといえます。

 

ここ数年、シャンプーが一層優しい素材に変わってきています。

 

以前ですとしっかり洗えて、いい香りが続いて、トリートメントなどで仕上げるとシットリするという物ばかりを探していた方も多いでしょうが、最近は刺激が少なくて、安心な成分で、髪本来を元気で健やかにするといったシャンプーが人気です。そのために、自然派シャンプーやオーガニックシャンプー、ノンシリコンシャンプーなどが流行りました。

 

そして、いま注目されているのがボタニカルシャンプーです。ボタニカルというのは「植物」という意味で、植物を使用したシャンプーという事になります。その為、植物由来の洗浄成分やケア成分が配合されていて頭皮や髪の毛に負担がかからないのでダメージを受けた髪の毛も元気になり、抜け毛も減ってくると高く評価されています。

 

髪の毛や頭皮は常に紫外線や皮脂汚れ、整髪料などの刺激を受けています。そこにシャンプーやトリートメントなどの刺激が加わると一層ダメージを受ける事になりますので、理想的なシャンプーは合成された洗浄料を配合せず必要な皮脂を落とすことなく汚れだけを落とし、髪の毛自体にも優しいという事が理想です。そこで最近流行りのボタニカルシャンプーですが植物由来の成分ばかりで作られているので、2ちゃんねるなどの掲示板でも「泡立ちが良いけどサラサラになる」といった評価があり、今までノンシリコンシャンプーを使用していた方にも愛用者が増えています。

 

また、ボタニカルシャンプー愛用者の口コミでは、抜け毛が減ったとかアホ毛が無くなったという声が多く、リピーターが急増しているようです。

 

女性の方はもとより男性にとって抜け毛は深刻な問題です。ホルモンの作用も一理あると言われていますが、一番問題なのが誤まったケア方法です。

 

ひと昔前までは、よく洗う事によって毛穴のつまりを解消して髪の毛を育てるのが効果的と言われていました。しかし、最近は皮脂を取り過ぎは良くないので洗いすぎはダメと変わってきています。

 

これは頭皮が乾燥する事でもっと沢山の皮脂が分泌されてしまう、お顔のスキンケアと同じ原理です。そこで、洗浄成分が低刺激で毛穴をふさぐ原因のシリコン剤も使用しておらず、栄養タップリのボタニカルシャンプーは抜け毛を気にする男性にも愛用者が急増しているのです。

 

もっと効果的にボタニカルシャンプーを使用するならば同じシリーズのトリートメントを使うとさらに良いでしょう。

 

最近インターネットで話題となっているシャンプーがあります。それがボタニカルシャンプーです。2chでは「ノンシリコンシャンプーで送料無料」ということで話題となり、爆発的人気となった商品です。話題となっていて中々手に入らないというシャンプーが『BOTANIST』シャンプー&トリートメントです。

 

2chでは「石鹸成分で洗うから肌のバリアを保持して地肌に優しい」・「植物由来成分90%」・「ノンシリコンシャンプーだから安心」などと宣伝されていました。ボタニカルヘアケア商品の中でアメリカ・フランス・日本で1位を獲得している商品とも言われています。中には「美容師が市販のシリコンシャンプーを買わせないために、シリコンオイルを有害だと広めているだけ」とも書かれていたりもします。シリコンが有害と聞くと、ノンシリコンを選びたくなる気持ちも分かります。

 

ボタニカルシャンプー&トリートメントの「ボタニカル」とは、「植物」という意味で「植物の持つ力を健康や生活の中に取り入れよう」というコンセプトから始まった、最近流行の健康法です。それをもとに作られたシャンプーがこのBOTANISTです。BOTANISTはノンシリコンオイルでありながら、特有の洗い上がりのきしみがないシャンプーであり保湿成分の高い胃洗浄成分を使用することで心地よい仕上がりを実現しています。

 

また、トリートメントでは毛先に潤いを保ってつやを与えるシリコンタイプを配合しています。このシリコンタイプとは、シリコンオイルとは違い流しやすいシリコンのことでシリコンタイプの種類の中でもこだわって使用しています。そのため、髪や頭皮にはダメージを与えず、毛先までしっとりと潤いを与え、くせ毛も改善できるものとなっています。

 

ノンシリコンのボタニカルシャンプーは、植物由来の成分にこだわって作られており、テレビなどの広告や宣伝などの費用をカットし、その分を開発費用に使っているのでより頭皮や髪に優しく効果的なものとなっています。しかしながら、「シリコンオイルが有害である」という見解は行き過ぎているのも確かであり、たばこのニコチンのように「体に害を及ぼす危険があります」などと商品に書かれていることはありません。

 

 

 

ボタニカルシャンプーに関する情報を詳しくまとめました! 

 

なぜならシリコン自体は無害であるからです。むしろそういった点では界面活性剤の方が問題であると言えるでしょう。現にBOTANISTのトリートメントにも流しやすいシリコンが配合されています。こう言った点からも焦点とべき点は、シリコンオイルの有無ではないと考えられます。従って頭皮や髪にはなるべく刺激の少ないシャンプーが良いでしょう。

 

ちょっと前まではノンシリコンシャンプーがCMやドラッグストア、某ネット通販サイトなどで人気がありましたが、最近はボタニカルシャンプーが流行っています。

 

ボタニカルというのは(botanical)「植物学的なとか、植物の」という意味でファッション界ではボタニカル柄が流行していますし、インテリアやスキンケアアイテム、食品にまで幅広く使われている言葉です。ですからボタニカルシャンプーとは植物の栄養や力を取り入れたシャンプーという事になります。

 

ただ植物のエキスを入れただけではなく、人気がある商品は合成着色料や硫酸系洗浄剤、石油系の界面活性剤フリーのものが多いので自然派シャンプー愛好者や地肌を気にしている方にも使用者が多く、有名人が使って話題のものからドラッグストアなどでも取り扱っている物まで幅広く販売されています。

 

最近話題のボタニカルシャンプーの成分は主に植物由来成分が大半をしめています。その商品によって洗浄成分や植物エキスは様々ですが、今話題のシャンプーを例に挙げると洗浄成分→せっけん成分(ヤシ、パームなど)、栄養成分としてサトウキビや甘草、トウモロコシなどを配合し天然由来成分と水だけで作られていて、お子さんにも安心して使用出来ます。ただし、自然派シャンプーと比べると化学的な成分を100%使用していないわけではなく、植物成分と合わせて低刺激で出来るだけ優しく作り上げているという感じです。

 

また、シャンプーやトリートメントというと気になるのが香りです。添加されている香料は自然成分のもの、植物をイメージした香料が添加されていますが、一般的なシャンプーよりはキツイ香りの香料のものは少ないのが特徴です。

 

一般的な自然派シャンプーと比べるとボタニカルシャンプーは泡立ちが良いのに必要な皮脂を洗い流す事がないので使用感がとても良いと言われています。

 

なので、出来れば同じシリーズのトリートメントを使用する事でもっと良い使用感を得ることが出来ますし、髪の毛や頭皮への刺激も抑える事が出来ます。

 

2ちゃんねる等の掲示板ではノンシリコンシャンプー愛用者にボタニカルシャンプー愛用者が多いようで「ボタニカルシャンプー使ってみた 泡立ちがすごくいい」という声や 「めっちゃいい香りだしサラサラになる」といった声が多いようです。

 

 

kaori

 

 

他にもネットの通販店のレビューや口コミを見ても評価が高く、一般的なシャンプーだと地肌発疹ができやすい人が出来ないとか、切れげや抜け毛が激減したという声が多いのでおすすめです。一度試供品で試してから購入してみてはいかがでしょうか。

 

「弱酸性のものは関係ないって学会が報告してた」
「石ケンシャンプーは個人的にはおすすめできない」

 

男性用の頭皮ケアとして弱酸性のものが良いのではという噂もまことしやかに広がっていましたが、同じ弱酸性のものでも使われている成分によっては頭皮に逆に負担がかかってしまうこともありますので全ての人に効果的とは言えません。また石ケンシャンプーも同じで実は刺激が強いという場合もあります。

 

ボタニカルシャンプーはノンシリコンでありながらノンシリコン独特のきしみがないことが良い点ですが、これはなぜかといいますとラウロイルサルコシンナトリウムといって非常に洗浄力が強く、刺激性が心配な成分だということです。石けんのような沈着性もあります。石油系であるポリオキシエチレン系も配合されていてボタニカルと言うには少し違うのではないかともいえます。

 

「泡立ちがすごくいい」
「香りがフルーティーでよかった」

 

ボタニカルシャンプーはボタニストから販売されている天然植物由来成分が90%以上のシャンプーで、低刺激で程よい洗浄力があるのでシャンプーしているという満足感を得ることはできます。

 

 

 

relax

 

 

そして香りはアプリコットとジャスミンのWフレグランスとなっていますから香りでリラックスすることもできます。子供さんでも使えるような安心の素材で作られているという点が良いところでしょう。頭皮や髪に良い成分としてサトウキビエキスは高い保湿効果がありますし、角質を柔軟にするという効果もあります。

 

セラミドは髪を構成するために88%も含まれている成分ですし、洗浄力面ではラウロイルメチルアラニンNaという成分が使われており、こちらはアミノ酸系ではありますが、洗浄力がわりと高いです。

 

「髪を乾かせばサラサラだった」

 

あくまでもボタニカルにこだわるのであればシャンプー自体は本当にべたついて洗い心地の悪いものになってしまいます。しかしラウレス-4カルボン酸Naなども加えることによって洗浄力や泡立ちはすっきりしていますし、セラミド2やサトウキビなどは保湿性が高いですから本来なら洗い心地が悪くなってもおかしくないところをフォローしています。

 

強すぎるというほど配合もされていませんから、お子さんが使っても安心なレベルだということなのです。リンゴ酸も配合されていますが、こちらはフマル酸やブドウ糖から合成して作られたもので、角質を柔軟にしたりpH調整をすることが目的となっています。頭皮のケアをするという意味では洗浄力と保湿力を兼ね揃えているという点から良いものといえるでしょう。

 

今ネットを中心に、世界3か国でNo.1を獲得したボタニカルシャンプーが話題となっています。

 

それが『BOTANIST』です。このシャンプーは2chで特に話題となり人気が出ました。2chの書き込みには「泡立ちがすごくいい」・「香りはフルーティーでシャンプー・トリートメントとも良い香り」・「ノンシリコンでも洗い上がりはきしまず、乾かすとサラサラ」というメリットとなる口コミが多いですが、他のノンシリコンシャンプーでは「トマトような香りがして臭い」・「香りがきつい」・「パサパサして髪にツヤがなくなった」などという、デメリット要素も多いようです。

 

同じノンシリコンシャンプーでもBOTANISTと他のシャンプーでは、洗い上がりと乾燥後に違いが出てくるようです。実際、BOTANISTではメリット的書き込みしかありませんでした。

 

ボタニカルシャンプー『BOTANIST』の特徴は、髪や頭皮に優しい天然由来成分を90%以上配合しており、自然そのものを髪に取り入れるまさに「ボタニカル=植物」なシャンプーです。

 

そのためヘアカラーで傷んだ髪や敏感肌の人にも安心して使用できる、サロン品質商品です。また、ノンシリコンシャンプーなのにきしまない新感覚シャンプーで、洗い上がりはとても心地良いです。トリートメントは流しやすいのにしっかりと潤いを残し、毛先までしっとりとした仕上がりにしてくれます。トリートメントにはシリコンタイプの成分を使用しており、その中でも一番流しやすく優しいタイプを使用しているため、髪や地肌を痛めることなく潤いをきっちり与えてくれます。こうした特徴が話題となり、口コミでその良さが広がっていき人気となったのです。

 

ボタニカルシャンプーをおすすめしたい人は、自分の髪質になかなか合うシャンプーが見つけられない人、ヘアカラーで傷んだ髪にも使えるものが欲しい、ノンシリコンは髪がきしむ、サロンシャンプーを使用したいけれど高すぎる、子供も安心して使用できるものが欲しい、などと考えている方たちにおすすめです。

 

ボタニカルとは植物という意味があり、自然の素材をフルに使用して作られているものなので、髪や頭皮を優しくそれでいてしっかりと効果を与えれくれる商品です。そのため、お子さんやヘアカラーなどで髪や地肌が傷んでいる人、納得のいくノンシリコンシャンプーに出会っていない人には、一度使用してみるのも良いかもしれません。サロン品質でありながら、広告費をかけていない分とてもお得となっています。

 

ボタニカルシャンプーは、有名モデルや人気芸能人も多数使用しているということで注目を集めている商品で、大手通販サイトでは様々なランキングでナンバーワンを記録しています。匿名掲示板2chでの評判も良好であり、特に頭皮に優しいということが特徴となっています。

 

 

 

geinouzin

 

 

ただし、ボタニカルシャンプーも万能というわけではなく、良くないポイントも存在しています。それは、大量生産型のシャンプーと比較すると購入するためには2倍以上の金額が必要となるという価格設定がされていることです。これは、それだけ多様な成分を配合するなどの工夫を施して提供していることが理由です。また、かなり人気が高いので店頭で入手しにくいという点も、ボタニカルシャンプーの問題として挙げることが出来ます。

 

ボタニカルシャンプーは、植物由来の天然原料とクリーンな水とで90パーセント以上を構成していることが特徴です。このために、特に頭皮環境を整えるということを重視した内容となっています。ボリュームが不足している人や白髪に悩んでいる人などにオススメできる内容です。

 

また、弱酸性の石鹸成分を中心としていますが、洗浄力の強い成分も少しだけ配合しています。このために、洗い心地も良好であり、この手の天然系のシャンプーにありがちなパサつきやきしみなどのトラブルが生じる心配はありません。ダメージヘア自体を修復する様な成分は特に使用されていませんが、皮膚に潤いを与えたり頭皮の炎症を抑制する成分が配合されているので、敏感なタイプのお肌の人でも安心して使用することが出来ます。

 

ボリューム不足や白髪に悩んでいる人にもオススメできるボタニカルシャンプーは、大量生産型の商品よりも値段が高いということが良くないポイントです。ただし、これは有効成分をそれだけ使用しているということであり、仕方のない部分でもあります。ボリューム不足や白髪に悩んでいる場合は、シャンプー選びは特に重要です。値段が安いということだけで商品を選ぶと、状態が悪化してしまう可能性があります。

 

その場合には、途中で使用を中断して新しい商品を見つけ出さなくてはならないので、結果的に費用がかかることになります。また、ボタニカルシャンプーは大量生産型の商品よりは高めですが、決して高すぎるというわけではありません。人気があることから入手が難しいという問題は、通販サイトを利用するという方法が適当です。

 

ドラッグストアには様々なシャンプーが並んでいます。その中でも最近よく目につくのは、オシャレなデザインのシャンプーでしょう。つい手にとってみたくなるかわいいデザインのシャンプーですが、実際の所、洗浄力などはどうなのでしょうか。そして、最近特に人気があるのは、植物由来の天然成分でできたボタニカルシャンプーというものです。モデルさんたちがおすすめしているボタニカルシャンプーですが、口コミでは色々な評価があります。

 

「毎日使うとべたつく」「サラサラになった」「デザインが好きなので中身を詰め替えて使っている」「匂いがきつい」など、ベタベタするという意見や、匂いがきつすぎるという意見は比較的多かったように感じます。中にはオシャレだけど中身は詰め替えて使っているという声もあります。見た目はよくても、実際の洗浄力には疑問の声が多々あるようですね。

 

口コミでは、洗浄力に疑問の声が多々あるボタニカルシャンプーですが、実際の所、成分などはどうなっているのでしょうか。ボタニカルシャンプーというのは、植物由来の天然成分で作ったシャンプーのことをいいますが、オーガニックシャンプーとはどこが違うのでしょうか。オーガニックシャンプーというのは、天然成分で作ったシャンプーです。なので、「泡立ちが悪い」「肌に合わない」など、自分に合ったものを見つけるのが大変だという声が多いです。

 

つまり、ボタニカルシャンプーは、植物由来の天然成分を使った肌に優しいシャンプーですが、泡立ちや洗い心地を良くするために、強い洗浄作用のある成分も少し加えられているシャンプーということになります。つまり、オーガニックシャンプーではないけれど、肌に優しい第3のシャンプーということになりますね。

 

髪に優しい植物由来の天然成分で作られたボタニカルシャンプーですが、「べたつく」「髪が重くなる」などの意見もあります。では、そうならないようなおすすめの使用法はあるのでしょうか。髪がべたつく原因としては、トリートメントに含まれているシリコンのせいだと考えられます。シリコンとは、美容院のトリートメントなどでも使われている、髪がツルツルになる成分です。しかし、髪の質に対してつける量を間違えてしまうと、ベタベタな仕上がりになります。なので、べたつかないための使用法としては、トリートメントをつける量を気をつけることが大切です。

 

もしも、ベタベタしてしまうなら、べたつきがなくなるまで、数日間トリートメントは使わないようにするなど、自分の髪質に合った使い方を探してみましょう。

 

ボタニカルシャンプーは、大手通販サイトで何度もナンバーワンにランクされている人気の商品です。ボタニカルとは植物のことで、自然由来の天然成分で90パーセント以上を占めていることから名付けられています。頭皮や頭髪だけではなく、環境にも優しいという点も高く評価されている理由です。

 

 

hair

 

 

しかし、ボタニカルシャンプーに何の問題もないというわけではありません。それは、値段が高いということです。大量生産により提供されている市販の通常のシャンプーと比較すると、倍近い金額が必要となります。これは、それだけ多様な成分を配合していることが理由ですが、経済的には負担となってしまいます。このためにボタニカルシャンプーは、経済的に少し余裕がある人に向いている商品ということになります。

 

ボタニカルシャンプーは、頭皮に潤いを与える成分や抗炎症作用のある成分が配合されていることが特徴で、頭皮環境を整えるということを重視した商品です。また、アミノ酸系の洗浄成分をベースとして弱酸性の石鹸成分を配合しているので、敏感なお肌の人でも安心して使用できる安全性の高さも備えています。

 

このアミノ酸系の洗浄成分は、マイルドな洗い心地という点が特徴です。このために、頭皮を紫外線などの外部からの刺激から守る役割を担っている皮脂を洗い流してしまう心配がありません。頭皮は自然な状態でキープされることになるので、安全性の高い環境が維持されることになります。また、アミノ酸系のシャンプーにつきものの洗浄力が弱いという点は改善されているので、特に油っぽい人にはオススメできる内容です。

 

ボタニカルシャンプーは、人気モデルや芸能人も多数使用している商品で、メジャーなアイテムとして若い女性から注目を集めています。それだけ工夫を施した内容を備えており、美容に有効な成分も多数配合しています。このために、価格設定も強気であり、大量生産型のシャンプーの約2倍の費用が必要となります。ただし、シャンプーは何を使用しても良いというわけではなく、頭皮にトラブルが生じた様な場合は使うことを止めなければなりません。

 

その点、ボタニカルシャンプーは安全性という部分を住しているので、トラブルに見舞われる確率は非常に低くなっています。例えば、様々な意見が書き込まれている2chでも、頭皮に異常が生じたという内容は見当たりません。また、2本セットで購入することにより割引されている場合もあるので、少しでもお得な金額で購入するということは可能です。

ボタニカルシャンプーでは抜け毛は減らない!

 

nukegeherasu

 

ただここまでボタニカルシャンプーについて紹介してきましたが、デメリットとしては抜け毛が減るという効果はない点です。成分が良くて優秀なシャンプーであっても髪をサラサラにする髪を改善することはできても、細胞自体を変化させることはできません。

 

やはり抜け毛を減らすには別途、育毛剤を使う必要があります。

 

育毛剤にも色々種類がありますが、選ぶなら無添加で優しい成分であり、かつ効果のある育毛剤がおすすめで特にポリピュアexという育毛剤が良いです。

 

男性向けに勧められてる育毛剤ですが女性の使用者からの評判が良いのでおすすめです。こちらでポリピュアexの女性への効果について言及されてるので参考にしてみてください。